Freedom is Wisdom. 知は自由!
 

 
PICK UP

開講日:2018/1/31~


  健康心理学入門


   文化学園大学 応用健康心理学研究室
   講師:野口 京子 

 

学習目標

健康に関する知識、技術、動機を高め、カウンセリングや健康教育により思考、感情、行動を変える方法を習得する。
日常生活のなかで「健康心理学」を通して、疾病予防、心の問題の解決、良い生活習慣の形成を考えていくことを目標とする。
 

講義内容

人々が、現代のストレス社会を上手に乗り越え、心理的・身体的・社会的な健康を増進し、QOLを高めていくための理論と実践方法を習得する。また、健康心理学の理論を、カウンセリング、ファッション、スポーツなどと連携させて活用しながら、毎日をポジティブに生きるための方法を身につける。子どもから高齢者まで、そして、職場・家庭・地域などの場で生活する人を対象とする。
 

講義計画

第1単元 健康心理学の考え方と中心的概念を知ろう

1 健康の定義
2 生活習慣
3 行動を変える方法
4 自己効力感

 

第2単元 ストレス パーソナリティ 心身の相互作用を理解しよう

1 ストレスのメカニズム
2 ストレス対処法
3 健康なパーソナリティ・疾病誘発パーソナリティ
4 レジリエンス

 

第3単元 決心しても変われない人のために健康心理カウンセリング

1 人は変われる!
2 過去に焦点を当てる
3 未来に焦点を当てる
4  チャレンジ行動へ

 

第4単元 人生移行の場、各生活の場でみる健康心理学の実践例

1 身体活動・運動の力
2 ファッションの力
3 職場の健康心理学
4  子どもから高齢者までの健康心理学

 

講師・スタッフ

    
野口京子
文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・教授
早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。コロンビア大学大学院社会福祉学修士課程終了後、同大学大学院健康教育学博士課程、日本健康心理学研究所所長を経て1999年より文化学園大学教授。M.S.W. 博士(保健学)。認定指導健康心理士、臨床心理士、Advanced Certificate for REBT。
学会・社会的活動:日本健康心理学会理事、アジア健康心理学会会長、国際応用心理学会理事、全国少年警察ボランティア協会理事、NPO 健康心理教育実践センター理事長 他 研究テーマ:行動変容におけるカウンセリングの効果について 
    
青栁 宏
文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・教授
北海道大学理学部物理学科卒業後、北海道大学大学院文学研究科心理学専攻修了。臨床心理士。文化女子大学室蘭短期大学にて保育科長・主事を歴任。室蘭保健所こころの健康相談員、室蘭市スクールカウンセラー担当。2009年4月より本学教員。学生相談室担当。災害時における被災者、救護者への心理的支援や、箱庭療法などの心理療法に関する研究を進めている。主な論文として、「組織的心理支援の現状と課題―新潟水害及び新潟中越地震より」(共著)日赤医学第58巻(2007)
    
杉田秀二郎

文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・教授
早稲田大学大学院、日本大学大学院修了、博士(心理学)。労働省産業医学総合研究所、東京都老人総合研究所を経て現職。認定専門健康心理士。
著書:『健康心理学・入門』(分担執筆)有斐閣(2009)、『事例分析でわかるヘルスプロモーションの「5つの活動」』(編著)ライフ出版社(2016)。
受賞:(財)公共政策調査会・警察大学校警察政策研究センター共催 平成22年度公募論文「薬物問題と社会の安全を考える」最優秀賞、日本健康心理学会・2013年度実践活動奨励賞
    
佐藤浩信

文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・准教授
北里大学大学院衛生学研究科精神衛生学専攻修了。博士(保健学)。第1種衛生管理者免許。北里大学衛生学部助手、同大学医療衛生学部講師を経て現職。民間製造業での企業内メンタルヘルス対策および健康支援活動に関与。自治体職員の心の健康保持とコンサルテーションを担当。【研究主題】各種労働条件下での勤労者のストレス認知と対処。勤労者の心の健康保持と職場適応、長期休職者の復職支援、職域内リスクマネジメント活動のあり方等。

    
安永明智
文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・准教授
九州大学大学院人間環境学研究科行動システム専攻博士後期課程修了(博士・人間環境学)。日本学術振興会特別研究員・PD(東京都老人総合研究所)を経て、2006年4月より本学専任講師、2010年4月より准教授。日本健康心理学会・理事。
「人の健康と身体活動・運動の関係」「身体活動・運動を促進する個人的要因や環境的要因の検討」をテーマに研究を推進している。
研究業績等の詳細は、このホームページを参照。https://researchmap.jp/read0139452/
    
松原詩緒

文化学園大学現代文化学部応用健康心理学科・助教
2009年に立正大学大学院心理学研究科心理学専攻博士後期課程を単位取得満期退学の後、2011年に博士(心理学)を取得。中央大学などいくつかの大学で非常勤講師を経験し、2012年より文化学園大学で助教を勤める。主な研究分野は対人心理学と被服心理学。



 

課題内容・スケジュール

●前提条件
   特になし

●課題内容
   ・毎週(各単元)、選択形式の理解度確認テストを実施

●修了証発行日
   修了条件に達し次第、発行可能

●修了条件
   ・合計の得点率が60%以上

●想定学習時間
   2時間40分程度

●学習期間(スケジュール)
   全ての単元修了で約4週間


 

字幕・講義資料

●字幕(日本語)   : あり
●講義資料(日本語) : あり

 

カテゴリーⅢ
※JMOOCカテゴリーとは

 
もっとよく知りたい方はこちら ⇒  JMOOC公式ホームページ ※別ウインドウが開きます。