Freedom is Wisdom. 知は自由!






 

 
PICK UP

開講期間:2019/4/17 ~ 2020/3/31


  コンピュータのしくみ 2019


   東京工科大学
   講師:松下 宗一郎 

 

学習内容

コンピュータの基本的な構成要素と個々の役割について述べた後、この中で本質的に行われているのは、「データの移動」、「その場での計算」の2つの機能に集約できることを学ぶ。そして、コンピュータのプログラムは、この2つの素機能が「いつ」、「どのような場合に」実行されるのかを決めるものであるという視点から、コンピュータの中で何が行われているのかを、適切な言葉で説明する手法を習得する。さらには、コンピュータの動作に不具合が生じた場合に、原因の調査方法ならびに有効な対処方法を考える基礎的な知識を会得する。
 

課題内容・修了条件

●課題内容
   各単元課題:選択式の問題(6問程度)

●修了条件
   各単元60%以上およびアンケートの提出
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ・単元ごとに確認テストがあります。テストに合格すれば「単元修了バッジ」が発行されます。
    全ての単元に合格し、受講後アンケートに回答すると、講座(科目)の修了証および大バッジが発行されます。

    
     バッジサンプル
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●修了証発行日
   修了条件に達し次第、発行可能

 

前提条件

コンピュータの中で何が行われているのかに興味を持たれる方であれば、前提条件として必須となる学問等は特にございません。一方、組込み系コンピュータの研究開発に携わっている方につきましては、本質や根源からスタートするこの講座の内容は、原因不明な動作不具合等を解消していく上でお役に立てるものと思います。
 

目的

コンピュータが本質的にはどのようなものであるのかを、必ずしもハードウエアを専門としない人に分かりやすい言葉で伝える方法を会得します。そして、コンピュータを応用した製品やサービスの開発にて日々直面する原因不明な故障や不具合といった事象に対し、組織の中で行動するプロフェッショナルとして立ち向かっていくために必要となる基本的な知識や考え方を学びます。
 

想定学習時間・学習期間(スケジュール)

●想定学習時間
   15時間程度

●学習期間(スケジュール)
       受講登録期間:2019/3/20 ~ 2020/3/31
       開講期間  :2019/4/17 ~ 2020/3/31
 

講義計画

第1単元:コンピュータの基本的な構成要素と機能

<コンピュータを構成する基本的な要素を知る>
・何が「基本的」であるのかを考える
・0/1の二進数が表現の基本であることを知る
・コンピュータにおける2つの基本的な動きを知る

<コンピュータにおける処理の流れを知る>
・制御部の役割を考える
・記憶場所の特定方法とその問題点を知る
・基本的ではない要素が加わった歴史を知る

 

第2単元:コンピュータのプログラムとは何であるのか?

<処理が正しく行われるために必要なこと>
・1度に1つのことだけを行うことの意味を知る
・プログラムという存在の本質を知る
・コンピュータの能力指標とその性質を知る

<プログラムとは何であるのか>
・いつどのような時に何をするのかを書いた文書
・最小完全セットという考え方
・アセンブリ言語とC言語について

 

第3単元:コンピュータはどうして壊れるのか?

<コンピュータが壊れるとき>
・壊れると何が起きるのか
・熱がどうして最も恐るべきポイントになったのか
・処理が遅いのは壊れたせいなのか?

<コンピュータを壊す方法>
・電気ショートについて
・ハード的故障とソフト的故障
・コンピュータの寿命を延ばすには?

 

第4単元:コンピュータの不具合を解決する方法

<コンピュータのしくみからの考察>
・結果側からではなく原因側から考える
・原因を特定するためになすべきこと
・伝わる言葉で不具合を表現するということ

<原因不明な不具合を経験値にかえていくために>
・たった2つのランプでできること
・不具合の因果関係モデル(一種の探偵業)
・再現性が乏しい不具合にどう立ち向かうのか

 

講師・スタッフ

    
松下 宗一郎
2010年 東京工科大学コンピュータサイエンス学部・教授
1993年 東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了・博士(工学)
超伝導電子デバイス工学、半導体集積回路工学、コンピュータエンターテイメント
 

受講者の声

・コンピュータのハードウェアを例えとしてコンピュータの仕組みのみならず仕事の方法を学ぶことができた。
・専門外のシステム関係を新たに担当することになり、重要なポイントを抑えることができたため。
・組み込み設計をしていますが、故障や不具合解析といった実践的な内容の講義はこれまで経験なかった。
・机上の学問ではなく、現場で役立つ(知っておくべき)基本知識のようなことを教えてもらえて嬉しかったです。
・業務で会社PC1000台のメンテナンスを担当しているがコンピュータの仕組みを理解したことで真因を追求し再発防止が可能となった。
・コンピュータのしくみのタイトルからもう少しコンピュータの動作原理等の講義があると期待していましたが、故障や不具合の内容が
 多く少し期待とずれていました。
・講座名から受ける印象とは少し異なっていました。ハードウェアの項目だけでソフトウエアの項目がなかったのが残念でした。
 

字幕・講義資料

●字幕(日本語)   : あり
●講義資料(日本語) : あり

 

カテゴリーⅢ
※JMOOCカテゴリーとは

 
もっとよく知りたい方はこちら ⇒  JMOOC公式ホームページ ※別ウインドウが開きます。