Freedom is Wisdom. 知は自由!






 

 
PICK UP

開講期間:2019/4/17 ~ 2020/3/31

 
 Python入門 2019


   (株)CMSコミュニケーションズ代表取締役
   講師:寺田学 

 

学習内容

プログラミングの概念を、Pythonを使って学習し、簡単なアプリケーションを作り実行します。

最初に、OSとアプリの関係を学び、環境設定方法からコードを書く準備をし実行方法を学んでいきます。
次に、プログラミングにおける基礎要素や制御構文を学び、データ型やオブジェクトの操作を学んで行きます。

 

前提条件

この講座を受講するにあたり必要な知識は以下の通りです。
 ・PCの操作: Windowsの一般的な操作ができる。
 ・数学: 中学レベルの知識を持っていること。
 

課題内容・修了条件

●課題内容
   ・小項目ごとに選択式確認テスト問題
 
●修了条件
   全単元70%以上で、修了証発行
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ・単元ごとに確認テストがあります。テストに合格すれば「単元修了バッジ」が発行されます。
    全ての単元に合格し、受講後アンケートに回答すると、講座(科目)の修了証および大バッジが発行されます。

    
     バッジサンプル
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●修了証発行日
   修了条件に達し次第、発行可能

 

想定学習時間・学習期間(スケジュール)

●想定学習時間
   12時間から18時間
   
●学習期間(スケジュール)
      受講登録期間:2019/3/20 ~ 2020/3/31
      開講期間  :2019/4/17 ~ 2020/3/31

●反転授業
   なし
 

到達目標

この講座は、Pythonでプログラミングができるようになることを目標にします。

プログラミングとしての基礎知識を身につけ、Pythonで簡単なスクリプトを作成し、実行できるようになります。

 

講義計画

第1単元:Pythonの対話モードでプログラミング実行できる

 1-1-1 プログラムとは何かを説明できる
 1-1-2 プログラミングとは何かを説明できる
 1-1-3 Pythonの特徴を理解し、使われている領域を説明できる
 1-2-1 Windows10へのPythonのインストール方法を説明できる
 1-2-2 コマンドプロンプトの起動とコマンド実行方法を説明できる
 1-2-3 フォルダ構造を理解してコマンドプロンプト上でファイルやフォルダの操作ができる

 1-3-1 Python対話モードの起動と終了方法を説明できる
 1-3-2 Python対話モードとは何かを説明できる
 1-3-3 Python対話モード上で、エラーが起こった時の挙動を説明できる
 

第2単元:プログラミングの基本要素を理解し、ソースコードの構造化を説明できる

 2-1-1 変数の概念を理解し、Pythonにおける変数の意味を理解できる
 2-1-2 Python対話モード上で、変数を使った数値計算ができる
 2-2-1 関数の概念を理解できる
 2-2-2 関数の定義ができる
 2-2-3 関数の使い方を理解し、繰り返し実行できる
 2-2-4 Pythonの組み込み関数の存在を知り、組み込み関数を使える
 2-3-1 Pythonのモジュールを理解する
 2-3-2 Pythonのモジュールを作れる
 2-3-3 作成したPythonのモジュールを使える
 2-3-4 パッケージを理解する
 2-3-5 パッケージの利用方法を理解する
 2-3-5 パッケージの利用方法を理解する
 2-3-6 スコープの概念を理解し、Pythonのスコープの範囲を説明できる
 2-4-1 文字列をリテラルで宣言できる
 2-4-2 文字列を変数に入れられる
 2-4-3 文字列の演算子を理解できる
 2-4-4 文字列と数値の変換ができる
 2-4-5 文字列フォーマットが使える
 

第3単元:制御構文を理解し、条件分岐や繰り返しを使える

 3-1-1 リスト型を理解し使える
 3-1-2 辞書型を理解し使える
 3-1-3 その他のコンテナを知る
 3-2-1 if構文の使い方を理解し、条件分岐を使える
 3-2-2 条件式と論理演算子を理解し使える
 3-2-3 真偽値を理解し、論理演算ができる
 
3-3-1 for構文の使い方を理解し、繰り返し処理を使える
 3-3-2 シーケンスの種類を知り、for構文で使える
 
3-3-3 複数要素を返すシーケンスを知る
 3-3-4 breakとcontinueを理解する
 

第4単元:データ型を理解し、オブジェクトの操作ができる

 4-1-1 データ型を理解する
 4-1-2 よく使われる組み込みのデータ型の種類を知り、データ型を調べることができる
 4-1-3 Pythonにおけるオブジェクトを理解し、データ型とオブジェクトの関係を説明できる
 4-2-1 メソッドとは何か理解し、使える
 4-2-2 データ型によるメソッドの種類を知る
 4-2-3 破壊的操作と参照の違いを理解する
 
4-2-4 メソッドと関数の違いを知る
 4-3-1 一歩進んだ、文字列操作を知る
 4-3-2 一歩進んだ、リスト操作を知る
 4-3-3 一歩進んだ、辞書操作を知る
 4-3-4 辞書とリストの組み合わせを扱い、目的のリストや辞書を作れる
 
 

講師紹介

    
寺田 学
(株)CMSコミュニケーションズ 代表取締役
一般社団法人PyCon JP 代表理事 他
   
岡野 真也
(株)オープンコレクター
Pythonを使ったシステム開発のスペシャリスト
 

字幕・講義資料

●字幕(日本語)   : あり
●講義資料(日本語) : あり

 

カテゴリーⅢ
※JMOOCカテゴリーとは

 
もっとよく知りたい方はこちら ⇒  JMOOC公式ホームページ ※別ウインドウが開きます。