Freedom is Wisdom. 知は自由!






 

 
PICK UP

開講期間:2020/04/15~2021/3/31

  
 情報法 
  デジタル・ネットワークがもたらす法的問題 2020


   中央大学 教授
   講師:小向太郎

 

学習内容

コンピュータ・ネットワークの社会への浸透は、人々のコミュニケーションの形態だけでなく、社会全体のあり方をも大きく変えている。インターネットや携帯端末がなくてはならないものになる一方で、例えば、サイバー攻撃、詐欺などの犯罪、SNSの炎上、著作権侵害、個人情報の悪用、フェイクニュースの氾濫など、以前にはあまりみられなかった問題も深刻になっている。この講義では、これら問題がどのような技術的な背景から生じるのか、法律上はどのように位置づけられているのか、問題を解決するためにどのような取り組みがされているのか、といったことを中心に講義する。特に、情報のデジタル化・ネットワーク化の社会や法制度への影響に焦点をあてて、問題の基本構造を理解するとともに、情報法に関する基本的な知識を身につける。
※本講座は2019年度に制作された講座です。

 

課題内容・修了条件

●課題内容
   各単元課題:選択式の問題(8問程度)
  
●修了条件
   各単元60%以上およびアンケートの提出
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ・単元ごとに確認テストがあります。テストに合格すれば「単元修了バッジ」が発行されます。
    全ての単元に合格し、受講後アンケートに回答すると、講座の修了証および大バッジが発行されます。



    
     バッジサンプル
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

前提条件

この講座を受講するにあたっては、高等学校で履修する「政治・経済」「情報」に関して基本的な知識を習得していることが望ましい。
 

到達目標

デジタル・ネットワークの発展によって生じる法的問題について、その技術的背景と法的位置づけを理解して、なぜそのような問題が生じるのかを説明することができるようになる。

 

想定学習時間・学習期間(スケジュール)

●学習期間(スケジュール)
  受講登録期間:2020/04/01~2021/03/31
  開講期間  :2020/04/15~2021/03/31

●反転授業
   なし

●参考文献
   小向太郎『情報法入門(第4版)』NTT出版(2018年)
   https://amzn.to/2Vb0ofB
 

講義計画

第1単元 デジタル・ネットワークが法律に与える影響

 第1章 情報とはなにか
 第2章 情報と法的規律
 第3章 デジタル情報と法制度
 第4章 デジタル情報と証拠保全
 

第2単元 インターネットの特徴

 第1章 インターネットの特徴
 第2章 収集されうる情報
 第3章 インターネットと匿名性
 第4章 通信の秘密
 

第3単元 インターネット規制と表現の自由

 第1章 表現の自由と法適用
 第2章 コンテンツに対する規制
 第3章 情報発信と法的責任
 第4章 青少年有害情報
 

第4単元 国境を超える情報とサイバー犯罪

 第1章 サイバー犯罪とはなにか
 第2章 新しい犯罪の類型
 第3章 国境を超える犯罪と法の適用
 第4章 国境を超える犯罪と法の執行
 

第5単元 情報化と知的財産制度

 第1章 情報化の知的財産制度への影響
 第2章 著作物の利用と著作権侵害
 第3章 コンピュータ処理と複製
 第4章 デジタル・ネットワークと著作物の拡散
 

第6単元 ネットワーク関連事業者

 第1章 ネットワーク上の媒介者責任
 第2章 プロバイダ責任制限法
 第3章 忘れられる権利
 第4章 プラットフォーム事業者に対する規制
 

第7単元 個人情報保護はなぜ必要か

 第1章 プライバシー権と個人情報保護
 第2章 個人情報保護制度とはなにか
 第3章 日本の個人情報保護制度
 第4章 個人情報保護法
 

第8単元 個人情報保護制度の課題

 第1章 米国における個人情報保護制度
 第2章 EU一般データ保護規則(GDPR)の影響
 第3章 GDPRの概要
 第4章 個人情報保護制度の課題
 

講師紹介

   
小向 太郎
中央大学 国際情報学部 教授
早稲田大学政治経済学部卒。中央大学大学院法学研究科で博士(法学)取得。
情報通信総合研究所取締役法制度研究部長、早稲田大学客員准教授、日本大学教授等を経て、2020年4月より現職。
1990年代初めから、情報化の進展によってもたらされる法制度の問題をテーマとした研究を行う。主著として『情報法入門(第5版)デジタル・ネットワークの法律』(NTT出版・2020年)、『概説GDPR世界を揺るがす個人情報保護制度』(共著、NTT出版、2019年)、『情報通信法制の論点分析』(共著、商事法務・2015年)などがある。
 

字幕・講義資料

●字幕(日本語)   : あり
●講義資料(日本語) : あり

 

カテゴリーⅠ
※JMOOCカテゴリーとは