Freedom is Wisdom. 知は自由!






 

 
PICK UP

開講期間:2020/06/17~2021/03/31

  
  避けたい英語 2020


   早稲田大学 名誉教授
   講師:篠田 義明

 

学習内容

学校で習った英語には、実務では相手に不快感を与える英語が多々あるので注意が必要です。同じ英語でも、年齢(age)や人柄(personality)や性別(sex)や状況(situations)などによっても、また、抑揚(intonation)や語調(tones)によっても、不快感を与える英語が多くありますが、TPOに合わない英語は失礼になります。円滑な人間関係を維持するために、まず、失礼な英語は使わないことが大切です。
講座の前半では、抑揚や語調などにあまり関係ない、ごく一般的な英語で、ビジネス文や学会の発表などの場で、通常、避けた方がよい英語を紹介し、後半では、ほとんどの人が無視している英語のstyleを紹介します。つまり、相手に不快感を与える表現、丁寧な表現、論文調、契約書調、提案書調、その他についてで、実用英語では必須の事項です。

 

課題内容・修了条件

●課題内容
   ・各単元課題:選択式の問題(8〜15問程度)

   *全ての単元に合格すると修了証が発行されます。
 
●修了条件
   ・各単元の得点率60%以上で、単元ごとのバッジを発行
   ・全単元の得点率60%以上で、修了証を発行 

    
     バッジサンプル
   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●修了証発行日
   修了条件に達し次第、発行可能

 

前提条件

高等学校卒業程度
 

到達目標

この講座では、ビジネスや学会発表の場などで相手に不快感を与えたり、誤解されたりしない英語を使い、ビジネスを円滑に進め、学会発表などでも研究者が信用される英語が使えるようになることを目標にします。
 

想定学習時間・学習期間(スケジュール)

●想定学習時間
  10~12時間程度
   
●学習期間(スケジュール)
      受講登録期間:2020/05/20 ~ 2021/03/31
      開講期間  :2020/06/17 ~ 2021/03/31

●反転授業
   なし
●補助教材
   なし
 

講義計画

第1単元:W-, H-で始める失礼な質問

 第1項 What is your name?
 第2項 Who are you?
 第3項 What is this?
 第4項 What did you say?
 第5項 When were you born?     
 

第2単元:要求・状況や文化の違いで失礼な英語

 第1項 Do you know …?
 第2項 You had better …  
 第3項 Listen to me.
 第4項 I don’t know.
 第5項 You are wrong. 
 第6項 Trust me.  
 

第3単元:性や人種差別語、宗教などの英語

 第1項 Questions and answers その1
 第2項 Questions and answers その2
 第3項 Questions and answers その3  
 

第4単元:適切な英語を選択

 第1項 「… をお知らせください」英文例 その1
 第2項 「… をお知らせください」英文例 その2
 第3項 「… をお知らせください」英文例 その3
 第4項 「… をお知らせください」英文例 その4  
 

第5単元:適切なスタイルの習得

 第1項 「この装置は単3電池一つで1年に2秒以内の誤差で作動する」英文例 その1
 第2項 「この装置は単3電池一つで1年に2秒以内の誤差で作動する」英文例 その2
 第3項 「この装置は単3電池一つで1年に2秒以内の誤差で作動する」英文例 その3
 

第6単元:大切な相性

 第1項 日本語が同じでも英語では異なる語  
 第2項 日本語が異なっても英語では同じ語
 第3項 名詞+動詞の連語  
 第4項 形容詞+名詞、動詞+副詞の相性  
 

講師紹介

    
篠田 義明
早稲田大学 名誉教授
教育学博士。 東京電機大学客員教授、Okinawa International School 名誉理事。 米国ミシガン州アナーバー市名誉市民。瑞宝中綬章受賞 (2015) 。 日本実用英語学会会長、日本テクニカル・コミュニケーション協会会長。
ミシガン大学にてテクニカル・コミュニケーションを修学。東京大学大学院、東京医科歯科大学、島根県立大学などの講師を歴任。専門は、日本語と英語のビジネス・コミュニケーションとテクニカル・コミュニケーション。官公庁や100社以上の企業で実用英文や実用日本文の明確な書き方を指導。
 

字幕・講義資料

●字幕(日本語)   : あり
●講義資料(日本語) : あり

 

カテゴリーⅢ
※JMOOCカテゴリーとは

 
もっとよく知りたい方はこちら ⇒  JMOOC公式ホームページ ※別ウインドウが開きます。