Freedom is Wisdom. 知は自由!
 
PICK UP


  ハーバードに学べ!英語プレゼンテーションが
  ぐんぐん上達する9つのスキル


   一般社団法人 Summer in JAPAN
         講師:廣津留 真理 with Team USA

 

学習目標

英語プレゼンは、単なる発表ではありません。自分の言いたいことを聴衆に納得してもらい、行動に移してもらうことが目的です。プレゼンを効果的に伝える9つのスキルをご紹介します。プレゼンの核となる自分の言いたい事は、日頃からあなたの好奇心で常にアンテナを張っておきましょう。このコースの宿題としてアメリカの大学の卒業式の名スピーチなどを6つご紹介しています。あなたの英語プレゼンテーションで聴衆を説得し、期待通りの行動に導きましょう。
 

講義内容

効果的なプレゼンテーションのための、すぐに活用できる実践的な9つのテクニックが学べます。心、からだ、声、目線、さらに視聴覚補助や数字を駆使して、聞き手の心を引きつけると同時に、話し手も落ち着いて自信をもって場に望めるようになります。英語プレゼンテーションのスキルを向上させたい方、人数の大小にかかわらず人前で自信をもって英語で話せるようになりたい方、初めて挑戦する方、日本語のスピーチは経験があるが英語でもやってみたい方、などどなたでも受講できます。このコースを活用して、英語プレゼンテーションで聴衆を説得し、期待通りの行動に導きましょう。
 

講義計画

UNIT 1. Managing Performance Anxiety(人前で話す緊張を和らげる)
UNIT 2. How to Make Your Audience Care(聴衆をひきつける)
UNIT 3. Tonal Variation(3つの声の使い方)
UNIT 4. Emphasis(大切な部分を強調する)
UNIT 5. Eye Contact(アイコンタクト)
UNIT 6. Body Language(身体言語)
UNIT 7. Humor(ユーモア)
UNIT 8. Visuals(視聴覚補助の活用)
UNIT 9. Statistics(統計を上手く利用する)

 

講師・スタッフ

    
廣津留 真理
ブルーマーブル英語教室代表、一般社団法人 Summer in JAPAN(SIJ)設立者・代表理事・総合プロデューサー、株式会社Dirigo代表取締役。早稲田大学卒。小学生が大学入試レベルの長文が読める「ひろつるメソッド®」を開発。ハーバード大学生を大分県に招聘、「リーダーシップとチームワーク」「オープンマインド」を子どもたちに英語で教えるサマースクールSIJを創設、500人を超えるハーバード生の採用試験を担当。著書に「英語で一流を育てる」「世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45」訳書に「今いる場所で突き抜けろ」など。
    
アリス・ニューカーク
ハーバード大学で言語学を学ぶ。コーラス部の歌手として世界中を演奏ツアーで周る。演劇にも造詣が深くこれまでに20の芝居に出演、演出も多数こなす。

    
エリック・ジョウ

アメリカ最古のオーケストラ、ハーバード・ラドクリフ・オーケストラのメンバーでクラリネット担当。スピーチの指導に経験豊富。武道と水泳も得意。

    
エレン・ローパー

スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスを学ぶ。オーケストラでチェロを演奏し、ウォーターポロ部でも活躍する。

    
アリーナ・ファーバー

ハーバード大学の模擬国連部のプログラムキャプテンである彼女は、ディベートコーチとしての経験が豊富。コンピュータ・サイエンスを専攻。現在はハーバード大学ロースクールで学ぶ。
    
ウッディー・ワン

スタンフォード大学でコンピュータ・サイエンスを学ぶ。アイスホッケー部のキャプテンでもあり、同時にオーケストラのコンサートマスターやソリストとして世界中で活躍するバイオリニストでもある。

    
ジェフ・オット

ハーバード大学で心理学を学ぶ。レスリング部キャプテンであり、ナチュラリスト部の部長でもある彼は、旅と自然が大好き。趣味で70種類以上、5000羽の渡り鳥を研究してきた。

    
テイラー・ホーランド

テキサス大学オースティン校生体医用工学専攻。幼少よりクラシックやモダンバレエに親しみ、多くの舞台経験やダンス指導経験がある。

    
ロジャー・ゾウ

ハーバード大学でコンピュータ・サイエンスを専攻し、またコンピュータ・ソサエティ部の部長。Google本社で働いた経験もあり、すでにアプリをいくつも商品化している。

 

課題内容・スケジュール

●前提条件
   特になし

●課題内容
   各単元の最後に宿題を提示

●学習期間(スケジュール)
   開講期間中、随時学習可
         開講期間:2017/12/8 ~ 2018/12/7

●修了証発行日
   修了条件に達し次第、発行可能

●修了条件
   全講義の視聴

●想定学習時間
   60分程度

●参考文献
        'The Fringe Benefits of Failure, and the Importance of Imagination' by J.K.Rowling
            https://news.harvard.edu/gazette/story/2008/06/text-of-j-k-rowling-speech/

        Mark Zuckerberg Commencement Address | Harvard Commencement 2017
            https://news.harvard.edu/gazette/story/2017/05/mark-zuckerbergs-speech-as-written-for-harvards-class-of-2017/

        The Tale of Peter Rabbit
            http://lightupyourbrain.com/stories/audio-story-the-tale-of-peter-rabbit/

        ‘Acknowledge the Hard Truths’ by Sheryl Sandberg
            https://www.americaninno.com/boston/sheryl-sandberg-tells-harvard-seniors-to-acknowledge-the-hard-truths-video/

        ‘A More Perfect Union’ by Barack Obama
            http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/03/18/AR2008031801081.html?tid=a_inl

        “My stroke of insight” by Jill Bolte Taylor,TED2008
            https://www.ted.com/talks/jill_bolte_taylor_s_powerful_stroke_of_insight/transcript 

        The Ig Nobel Prize
            https://www.youtube.com/watch?v=jz9X-BoIXE4

        なるほど統計学園高等部(総務省統計局)
            http://www.stat.go.jp/koukou/



 

字幕・講義資料

●字幕(英語): あり(ダウンロード)
●講義資料 : なし